道の駅 小さな拠点に:国交省、生活サービス機能集約

日本農業新聞1月12日

b0147734_11555249.jpg


















国交省が「道の駅」を地域生活サービスの小さな拠点にしてゆこう!
という仕組み作りに本腰を入れ始めた……という記事です。
過疎化が進む中山間地では「買い物難民」問題が生じています。
役場の支所や出張所も閉鎖になったりして
住民の「不便」は増すばかり。
そんな過疎地でも道路沿いに作られた「道の駅」は
人気が有って、新鮮野菜、農家レストランなどを
めがけて人が集まっています。
その「道の駅」、2016年10月現在、全国に1107か所あるそうだ
この「道の駅」をかつての役場や農協みたいな
住民生活サービスの場として使ってはどーだろ?
という事のようです。
・・・・・・・・・・
同じ紙面のお隣には
公立図書館を地域振興や街づくりの場として
使う自治体が多くなっているという調査結果も掲載されていました
・・・・・・・・
道の駅⇒新鮮野菜と農家レストランだけ……
図書館⇒本が借りられるだけ……
しかしそこには人々を引き付ける魅力が有るから
人が寄ってくるわけだ。
だったら道の駅や図書館が地域住民の生活拠点になっても
おかしくはない。
大金投入してどでかい施設を作り、オリパラとか
観光客の誘致をしましょう!なんてことより
遥かに現実的ではないかしらん。

[PR]

軽トラ市

b0147734_16065042.jpg




































日本農業新聞2017年1月10日


農業新聞ではごく普通の記事ですが
一般紙では珍しいでしょう。
農業生産者=農家が自分たちで作った野菜なんかを
トラックに山積みして定期的に「市場」を開く
トラック市が全国各地で人気!のようです。
店舗を構えるにはお金がかかる
流通業者に野菜を下ろせばマージンがかかる
しかし、トラック市ならトラックを停める
駐車スペース一台分の負担でお店が開ける!
そんな思いを持った農家が集まって週に一回とか
月に一回開くのが定期トラック市なんです

なにがいいって?ここがいい!
1;トレーサビリティ(生産経路)が一目でわかる
2;安い
 (もっと高くしろよ!と言いたくなる)
3;買い物困難地域に来てくれる
 (そういう地域の方が広いトラック市会場を確保しやすい)
4;地域のイベントなどにも出店が可能
 (東京都内でも開かれる)
5;ダメでもともと、万一やめちゃうにしても家賃等の
 問題が少なくて済む
 (店舗を持てば、家賃.人件費.光熱費etcの負担がきつい)
 Etc.
この「台所の穴」とリンクする宮城県の「よっちゃん農場
も地元でトラック市に参加しております
トラック市や軽トラ市は全国あちこちで
開催されていますからぜひ調べてみてくださいまし
もし自分で農業をやりたいとか
農産物の直売をやりたいと思っているなら、
また、新鮮野菜を地元で買いたいと思っているなら、
トラック市はおススメです
江戸時代の八百屋は天秤や曳き車で街中を
売り歩いていましたから、おかみさん達は
「ちょいとぉ~やおやさぁん」ってな感じで
お買い物ができていた
この利便性が現代ではトラック市に継承
されているのではないでしょか。




[PR]

農家レストラン成功例

日本農業新聞2017年1月9日
b0147734_00522532.jpg




















本日の一押し記事
のどかな田舎でカフェとかレストランとか…。
地方、過疎地の活性化に農家レストランでもやろーか?
という気持ちは分かるが成功例より失敗例の方が多いようです。
そんな中でオープン以来17年間、売り上げ2000万円台
をキープしているんですと、宮崎市から車で3時間もかかる
山奥のレストランが……。

成功レストランの特徴は?
1;地元の山菜、猪、鹿などを食材とした
2;地元産の清流育ち米を天日干しにして使った
3;いろり、小川のせせらぎを「売り」にした
4;従業員は地元のおばあちゃん
記事を整理するとこのレストランの特徴ってこんなところですね。

ハテ、この成功が続くのでしょうか?
これは誰しもが思う事でしょう
「目新しさで一時的に人が来るだけさ」と言う声は
常につきものですが、開き直ってこう考えるのはどーでしょ?
「10年続けば御の字でしょ」と。
この記事の農家レストランはすでに7年間黒字経営しているし
この先の対策も考えているみたいです
料理のレパートリー不足⇒飽きられない味探し⇒
シェフ(プロ料理人)との交流…などで解消を模索しているようです。
おばあちゃんたちの高齢化⇒Iターン若者たちの導入と継承

この先、どーなってゆくのか?
農家レストランオープン⇒客を呼び込むためのバスツアー企画⇒
バスが通れるように道路整備を住民総出で行った
農産物販売や宿泊コテージも始めた。
農家レストランを起点にして事業が起こり
地域の活性化につながった
10年~20年間、産業として成り立てば
そこに関わってる人も食べて行けます。

「行列のできる店」!…だったが
一か月後には閑古鳥が鳴いていた店…の氾濫する今日
この記事は堅実なビジネスモデルではないでしょうか?
*日経新聞とは違ったビジネスモデルが見られるのが
 農業新聞の特徴なんですな
愛読歴30数年「魚柄仁之助の目」でした。


[PR]

日本農業新聞・今日の記事から食を読む 2017年1月7日

山本有二農相 米輸出 中国に照準 パックご飯売り込み促進
日本農業新聞2017年1月7日
b0147734_19153563.jpg








































解説
日本国内での米の消費量は減少してます
米の生産は過剰気味なのにミニマムアクセス米として
一定量を輸入しなきゃならないもんだから
農相としては「頭がイタイ」
そこで輸出を考えた
余ったお米⇒輸出⇒外貨獲得⇒農水省のお手柄❢
とは言え、
ニッポンノ オコメ タカイデスネ
と言われ続けているのが実情です
そこで最近お金持ちたくさんになった中国に
狙いを付けたんだ
しかも炊かなくても食べられるパックご飯に……
中国からの観光客が日本製高級炊飯器を瀑買いしたのは
もう過去の事
高級ハイテク炊飯器で炊き上げたごはんが
一食分ずつのパックになって
電子レンジでチーン一発!とくれば
もう10万円もする高級炊飯器なんざ
見向きもしなくなるでしょう
歴史的にも中国や東南アジア諸国は
朝食すらも自宅で作らず
外食する率が高い民族ですから
今日の日本人以上に自炊よりは
外食を選ぶようになるでしょうね
・・・・・
小麦は粉に挽いて水、バター、鹽などで捏ねて
かまど(オーブン)で時間をかけて焼かなきゃ
食べられませんから「パンや」と言う店が成り立つ
こめは精米して水で短時間炊けば食べられるのに
炊きあがったごはんを売る「ごはんや」が
成り立つ時代が来そうですね
・・・・・・・・・
日本の食文化はどうなってゆくのでしょ?





[PR]

日欧EPAと日本の荒廃農地の関係は?

b0147734_12234822.jpg

b0147734_12235236.jpg
(上)資料①日本農業新聞1月4日「日欧EPA交渉再開…」
(下)資料②日本農業新聞1月5日「荒廃農地8000h増」

まずは1月4日の「日欧EPA」です
アメリカのトランプさんは「TPP、いち抜けた~」と
宣言してますからいくら安倍首相が
「TPP、国会通したんだもーん」と言っても
TPPは成立しそうも有りません
そのTPPの陰に隠れてあまり注目されなかったのが
日欧EPAなんですね。
これ、日本対EUの経済連携協定、つまり貿易のルール作りです。
記事を読むと分かりますが
日本に対しては乳製品や畜産物の関税をかけるな
EUに対しては自動車関連に関税をかけるな
と言うのが主な主張ですね。
TPPとの大きな違いは対象品目に「米」が入っていないという事。
だからこれまで日本国内ではあまり話題にされてこなかったのでしょうが
EUが日本に「輸入しろ」と主張している乳製品の拡大量って
日本国内消費量よりずっと多いんですと。
消費しきれないほどの乳製品を輸入しなきゃならなくなったら、
しかもとんでもない低価格で…となったら
国内の酪農家は太刀打ちできません。
タダでさえ採算割れギリギリでやってる酪農家は廃業に追い込まれるでしょう。

そこで次の資料1月5日「荒廃農地8000h増」です。
農業を続けられなくなって「耕作放置」した農地は
荒廃農地となります。「放置」されてから時間があまりたっていない場合は
再生も可能ですが、時間がたつと再生困難に陥ります。
現在その「再生困難」の方がどんどん増えていることが
この記事でわかります。
食糧生産できていた豊かな農地が農地としての再生が困難な荒れ地になっている。
世界中で食料がだぶついているのでしたら
まだしも、最近の気候変動などを見ますと
食糧不足に拍車がかかるのは目に見えています。
気候温暖なこの国で「荒廃農地」って……どーする?

[PR]