【魚柄さん書きおろしコラム】KBCラジオ生放送生料理

 KBCラジオ(九州朝日放送)を聴くことができるのは、北部九州と山口県だけのようです。
そんなローカル局でのお料理生放送を2010年から続けてけておりまして、すでに70回を超えました。毎週木曜日の朝、8時から15分間の放送です。
 生放送とはいえ、毎週福岡まで行く……てな訳にもいきませんので、東京の自宅と電話でつないで放送をやっております。料理のレシピは私が書いてFAXし、それを見ながらKBCのディレクターが作り、スタジオでパーソナリティーが食べる……というやり方をとっております。当初、送ったレシピを見るだけではたして作れるものだろうか?と心配したんですが、これがけっこううまくいくもんでして、なかなか好評のようであります。
 同じような生放送は、東京のラジオ番組「上柳昌彦のごごばん」(ニッポン放送)でもやっているので内容はかぶることもあります。違うのは、ニッポン放送の方は私が直接作るということなんですね。自分で作るから、ほぼ自分の思った通りにできますが、レシピを送っただけの場合、果たして思ったような料理になっているのか?心配でもあるのです。
 しかしKBCの担当者がお子さんのいる主婦だったので、ほぼ問題なくやってこられました。そして番組で作った料理の写真をKBCのホームページに載せてくれておるんですな。もちろんレシピも付いてるから、リスナーさんはそれを見ながらおうちで作っているらしい。
「先週の○○、2回も作りましたよー おいしかったでーす♡」
こんなFAXやメールが局に届いているそうな。
 福岡といえば、18歳までを過ごした街。生まれ育った家もすでに無くなったんで、今更帰れる家とてないのですが、毎週木曜の朝だけ故郷へ帰った気分になれとります。
 「台所の穴」にいらっしゃった皆様、KBCのホームページから、「THAT’S オン タイム」にアクセスしてみてくださいまし。脳味噌が九州人モードとなったよっぱらいおいさんのレシピがズラーリ並んでおりますど。

  2012年2月 九州へ帰って来たよっぱらい 魚柄仁之助

[PR]