ごごばん!レシピ

2012年1月10日のレシピ 残りもんをバッター液で串揚げに!

2012年1月10日「上柳昌彦 ごごばん!」で紹介されたレシピです。

正月のおせち料理、とかく食べ残しが出てしまいがち。そんな残り物も、厚塗り化粧を施せば、七難隠してご馳走に早変わりするのです。七難隠す厚塗り用アイテムが、今日紹介する「バッター液」なのです。

バッター液でつくる「浪速の串揚げ」

・バッター液をつくる。小麦粉100cc、牛乳100cc、卵1個をよくかきまぜる。
・串揚げ素材の準備。おせち料理の残りものの、煮しめ・オードブルの残りもの・リンゴやメロンなどのフルーツなどなどを竹串にさす。
・串刺しした材料をバッター液にどっぷりと漬け、パン粉をまぶして油で揚げる。油温は180度、30~40秒揚げればよろしい。

*揚げる具材はすでに火が通っているものやそのまま食べられるものなのだから、衣にだけ熱が通ればよいのです。それに具材には味もついているわけだから、串揚げみたいにソースをつける必要もありませんの。
干からびたりパサついたりしがちな残りものだって、バッター液で揚げてしまえば、わかりゃせんっのです。
なお、バッター液に加えるものは店によっていろいろあり、サラダ油、牛乳がわりの水、みりん、甘味料としてのはちみつ、砂糖などもよろしい。

b0147734_10151097.jpg

[PR]