『週刊現代』で魚柄さんの偽装料理特集

明日(11月17日)発売の『週刊現代』で、魚柄さんの「偽装料理」が5頁にわたって特集されているそうです。しかもお料理の写真はカラー! 見応えアリです。

[PR]

魚柄仁之助 全著作一覧に追加しました

作成中の魚柄仁之助全著作一覧に、下記の11冊を追加しました。

魚柄仁之助の楽膳のすゝめ
●発行/マキノ出版
●発行/1997年6月

古道具屋さんの経済原論
●発行/飛鳥新社
●発行/1998年2月

うおつか流食生活かくめい
●発行/講談社(Kodanshasophiabooks)
●発行/1998年6月

丸ごと魚柄仁之助
●発行/ビブロス
●発行/1998年9月

誘惑料理
●発行/徳間書店
●発行/1998年9月

食べ暮らしダイエット
●発行/文藝春秋
●発行/1999年2月

「笑って死ねる」安全食実践講座
●発行/講談社(Kodanshasophiabooks)
●発行/1999年9月

一年間10万円つくる、食べる、もてなす365日全記録
●発行/講談社
●発行/1999年11月

今夜の魚呑む銘酒
●発行/毎日新聞社(毎日ムック)
●発行/2000年4月

儲け道
●発行/メディアファクトリー
●発行/2000年11月

元気食実践マニュアル155
●発行/文藝春秋(文春文庫plus)
●発行/2001年1月

[PR]

『日本の論点』2009 に、魚柄さんが登場

文藝春秋から出版された日本の論点 (2009) に魚柄さんが記事を書いているそうです。テーマは「偽装」。『日本の論点』執筆者の中でも、かなり異色のチョイスかも。マスコミ的常識を軽々と一蹴する文章は痛快です。

[PR]

魚柄さんの新刊 『食べかた上手だった日本人』

魚柄さんの新刊が出ました!

食べかた上手だった日本人
●著者/魚柄仁之助
●定価/1,890円(本体 1,800円 + 税5%)
●体裁/四六判・並製・176頁
●発行/岩波書店
●発行日/2008年10月29日

戦前の日本はビンボーだった……って、ホントですか? モノはなくても貧しくない、冷蔵庫がなくても食品を腐らせない、少しのおかずで太らない——日本の台所が激変した70年前、シンプルな豊かさが卓袱台に並んでいた時代があった。実践派食文化研究家が、飽食ニッポンへの悔恨の果てにたどりついたモダン食生活の失われたユートピア。大量の資料を駆使してここに復元!

b0147734_1542117.jpg

[PR]

魚柄仁之助 全著作一覧を作りました

魚柄さんが1995年にデビューしてから、一体何冊の本を書いたのか? ふと疑問に思って
国会図書館で調べてみました。単行本で出て文庫化されたものを一部除き、単著に限ってみれば、最新刊『食べかた上手だった日本人』(岩波書店)まで、その数なんと44冊。
ヘコんだ時に勇気づけられた本、今も台所に置いてある本、生き方を考えさせられた本手――タイトルを眺めていると、いろいろな思い出が蘇ります。
まだ作成中のリストですが、準備できたものから順にアップしていきます~

魚柄仁之助 全著作一覧

[PR]