カテゴリ:情報いろいろ( 21 )

【魚柄仁之助講演会のお知らせ】2017年7月1日(土)

【魚柄仁之助講演会のお知らせ】

《アリバイエコからの脱却:「人力」と「自然エネルギー」と「知恵」で実現する本当にエコな生活》

2017年7月1日(土) 13:30~15:30
世田谷区宮坂3-13-13 生活クラブ館

問い合わせ及び申し込み先
NPO法人コミュニティスクール・まちデザイン
〒156-0051 東京都世田谷区宮坂3-13-13 生活クラブ館2F
TEL: 03-5426-5212・FAX: 03-3426-9911


[PR]

魚柄仁之助の「お江戸庶民の食噺」! 

落語をする事になってるようですが
落語ではありません
古典落語の食風景を「鑑識」する
落語風食講座ですが
一応高座でやるようです
落語「青菜」に出てくる「洗い」の実態は?
「目黒の秋刀魚」は鹽さんま?
などなどなどなど・・・・・・
鏡味 味千代姐さんの
古典芸能、太神楽もたっぷりご覧になれますから
それだけでも500円は

安い!
b0147734_21295666.jpg

[PR]

「昭和モダンの食べかた上手」を楽しく学びませんか

【魚柄仁之助講演会のお知らせ】

昭和10年頃の日本の食生活には、食料・環境問題に行き詰まる現代人への
ヒントがありそうです。
新しいものを取り入れ、自分たちの食習慣に合うものに変えてきた
「昭和モダンの食べかた上手」を楽しく学びませんか。

講師:魚柄仁之助さん(食文化研究家、エッセイスト)
日時:2016年1月16日(土) 13:30~15:30
会場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)世田谷区宮坂3-13-13
受講料:1,500円(CS会員1,350円、生活クラブ東京組合員1,425円)
<定員50名>

問い合わせ・申し込み先
NPO法人コミュニティスクール・まちデザイン 理事長
生活クラブクッキングスタジオBELLE マネージャー
近藤惠津子

〒156-0051 世田谷区宮坂3-13-13
生活クラブ館2F
Tel: 03-5426-5212
Fax: 03-3426-9911

[PR]

「おいしいごはんはこう作る!魚柄仁之助トークライブ」のお知らせ

9月7日(日)10時30分~12時
横浜市民活動支援センター4階 
https://opencity.jp/yokohama/pages/gp/idx.jsp?page_id=10
一般1600円。よこはま自然育児の会・会員1000円(当日入会可)
定員80名。無料保育あります。
もちろん、歌とギターの演奏会ではありません。
講演会に「ポロん♪」と合いの手が入る程度にお考えください。


でも、楽しくてためになる「食生活漫談」と言ったほうが早いかも。
メタボが気になるアナタ
老後の食の自立をめざすアナタ
非常時の食が心配なアナタ
夏休みの宿題の答えを探しているアナタ
そんな全てのアナタに送ります。

「美味しいご飯を作る」そのために今、どうすればいいか?!
知りたい人はぜひいらして下さいね。
料亭の出汁の取り方から
燻製の作り方、野菜保存ストックの作り方
などなど…
具体的な実践方法をマシンガントーク
いたしますので、メモの用意‼
「速記用ボールペン」とノートを忘れずに
ご持参ください。
*著作権の関係で録音はできませんから!
(録音録画不可!です。ご了承ください)

なんと、「たまごカラスミ」の試食もあります!
参加申し込みはこちらです。当日までドタキャンドタ参加お受けしますが
定員は80名。定員になりしだい、締切らせていただきます。
別室保育は8月31日締切。申し込み15名定員です。どうぞよろしくお願いいたします。

[PR]

ごごばん!レシピ

2012年1月10日のレシピ 残りもんをバッター液で串揚げに!

2012年1月10日「上柳昌彦 ごごばん!」で紹介されたレシピです。

正月のおせち料理、とかく食べ残しが出てしまいがち。そんな残り物も、厚塗り化粧を施せば、七難隠してご馳走に早変わりするのです。七難隠す厚塗り用アイテムが、今日紹介する「バッター液」なのです。

バッター液でつくる「浪速の串揚げ」

・バッター液をつくる。小麦粉100cc、牛乳100cc、卵1個をよくかきまぜる。
・串揚げ素材の準備。おせち料理の残りものの、煮しめ・オードブルの残りもの・リンゴやメロンなどのフルーツなどなどを竹串にさす。
・串刺しした材料をバッター液にどっぷりと漬け、パン粉をまぶして油で揚げる。油温は180度、30~40秒揚げればよろしい。

*揚げる具材はすでに火が通っているものやそのまま食べられるものなのだから、衣にだけ熱が通ればよいのです。それに具材には味もついているわけだから、串揚げみたいにソースをつける必要もありませんの。
干からびたりパサついたりしがちな残りものだって、バッター液で揚げてしまえば、わかりゃせんっのです。
なお、バッター液に加えるものは店によっていろいろあり、サラダ油、牛乳がわりの水、みりん、甘味料としてのはちみつ、砂糖などもよろしい。

b0147734_10151097.jpg

[PR]

「防災講演会」で魚柄さんが講演

大阪市の水上消防署で魚柄さんが講演!

日時:11月21日(月)14時10分~15時10分
場所:大阪市水上消防署6階講堂
http://www.city.osaka.lg.jp/shobo_suijo/page/0000141360.html
地図=http://bit.ly/saQhTF
演題:「使える非常食の知恵」

なかなかめずらしいところでの講演会です。大阪近辺にお住まいの方はぜひどうぞ!

[PR]

2011年5月3日、八王子で魚柄さんのカフェトーク

八王子古本まつり第4回
特別企画 Talk Spot カフェトーク


本と街とその周縁を、脱線万歳のトークを通してぐるり巡る、濃厚な2時間。
復活のカフェトークに出演してくださるゲストは、食文化史研究家の魚柄仁之助さん。

『うおつか流あぶないニッポンで安全に暮らすためのヒント100』や
『うおつか流大人の食育』など、うおつか流と名がつくものは、どれも
食を扱った本のなかで、これまでにない刺激的な料理や生活術へ鋭い斬り込みが。
その台所術や生活術は、福島第一原発の事故で揺れる自分たちの食生活を前に、
「何が安全なのか、もうわかんないッ!」「もう電気にだけ頼る暮らしを変えたい!」
と思うわたしたちを、改めて指南してくれています。

『食べ方が上手だった日本人』では「関東大震災が近代日本食を激変させた」と指摘。
都市ガスの普及で日本人の料理のレシピはガラッと変わったそうだ。
では、東日本震災や福島原発事故で、わたしたちの食生活はどう変わるのだろう?

失った「原始力」を取り返すときの到来!


日時:
2011年5月3日(火/祝)13:30開場 14:00~16:00

会場:
喫茶 憩(東京都八王子市三崎町2-10)

定員:
先着40名

料金:
\1,000(1orderしてください)

申込:
件名に「2011.5.3 カフェトーク参加希望」、
本文に「お名前」「人数」「当日の連絡先」をご記入の上、
下記メールアドレスまでお申し込みください。
info@hachiojiusedbookfestival.com

[PR]

魚柄さんの智慧を集めたtweet

魚柄さん黙認で、魚柄さんの智慧を集めたtwitterアカウントができました。
ぜひフォローをお願いします。

食べかた上手
@tabekatajyouzu

こういうときこそ、ごはんが大事。魚柄仁之助さん(『冷蔵庫で食品を腐らせない日本人』『食べかた上手だった日本人』など著書多数)の本に書かれた内容を主に、食べかたの知恵をご紹介します。魚柄さん黙認。文責は@ayunonmamです。


http://twitter.com/#!/tabekatajyouzu
[PR]

買い占めに走っている人! 虫を沸かせるだけですぞ!

魚柄さんからのメッセージが届きましたので掲載します(文責:管理人)


都内では米や保存食の買い占めが起こっているようですが、日常的に使っていないものは、災害の時にはますます使えません。災害がおきてから慌てないためにも、「普段」が大切なのです。今、買い占めに走っている人! 普段から炊いてもいない米を買いまくっても、不良在庫になって虫が沸くだけですぞ。


普段から災害に備えるために、ということで書いたのが、うおつか流 みんなで体験! 台所塾(合同出版、2006年)です。屋内でつくる簡易かまどや、太陽熱でお湯をわかす方法など、子どもと楽しみながら身につくサバイバル生活術入門です。この本にも書いたんですが、避難所でどうやってよりよく生活できるか、がカギなんですね。今だからこそ、多くの人に読んでもらいたいです。

[PR]

仁之助、九州へ帰る――!!

九州のラジオ局、KBC(九州朝日放送)のラジオ番組に毎週出演するそうです。
月~金放送中の生放送「Tha's On Time」に、
毎週木曜日 午前8時5分~8時15分までの10分間、電話で生出演
オンエアは10月7日からです。

九州地方のみなさん、お楽しみに!

[PR]