一割安いJA軽トラ

日本農業新聞2017年2月14日付

b0147734_05333568.jpg

JA使用軽トラ一割安!
軽トラを農業用、土木工事関係用だけと
侮ってはなりません。
2シーターのオープンカーなのです。しかもこのJA仕様車は
全て4WDだから雪道、アウトドア対応バッチリ。
たぶん無駄な装飾を省いてるのでしょう、普通より一割安い。
軽トラの荷台部分に屋根とシートを付けたのがいわゆる
軽の1box車ですね。
しかし1box車はその重さの分だけ燃費が悪い。
低燃費で足回りがよくて、荷物がたっぷり詰める車って
これからの時代に即しているのではないだろうか?
一割安いんだからその分で、折り畳み式の「ほろ」を付ければ
雨の日だって安心でしょう。
・・・・・・・・・・・・
かつてこの軽トラをベースにして荷台に折り畳み式の二人掛けのシートと
幌を取り付けた車が有りました。
b0147734_05350112.jpg

これが1970年代に販売されていたバモスホンダです。
もちろん軽自動車で当時の規制ですから360㏄でした。
ホンダN360と同じ空冷エンジンでキビキビと走るし
燃費もよかった。
荷台には折り畳みの二人掛けシートが付いています。
運転席頭上のロールバーみたいなものに防水シートを取り付けられます。
これに取り付ける幌にもいろんなのが有りましたが
このようなものが代表的だったと思います。

b0147734_05333589.jpg

現代の軽トラがバモスホンダと同じように・・・とはまいりませんが
このようなカスタム仕様も可能でしょう。
バブル期みたいな「シーマ」や「ソアラ」に乘るのが
カッコイイ時代ではありません。
いざとなったら荷物運びのお仕事もできる、
夜逃げだってお任せあれ!
移動販売車にも、屋台にもなる!
自立生活の為の自動車が軽トラなんだ。
ってなことをスズキ自動車にお願いしたいもんです。



[PR]

<< 茶道や盆栽をユネスコに申請 文化庁   魚柄仁之助の「お江戸庶民の食噺」!  >>