紀州産カリカリ梅のタルタルチキンバーガー

2017年2月8日付けの日本農業新聞の記事です。

紀州産カリカリ梅を使った
タルタルチキンバーガーを高校三年生女子三人組が
開発しました。これがなんとファミマで販売されるんですと。
商売になるじゃんっ、「JKビジネス」。
もう20年ほど前の事ですが和歌山で開かれた
全国梅サミット、梅料理コンテストの審査委員長を
仰せつかって応募されたたくさんの梅料理に目を通したことがあります。
その時の梅料理って大きく分けて
田舎のおばちゃんが昔からやってたような物と
無理やり洋風、または最近の流行スイーツに迎合したような
奇をてらったものの二種類ばかりで
正直言って「当該料理…無し」状態。
それじゃ~困る!ってんで無理やり入選作を決める羽目になったような次第でした。
あれから約20年、時代は変わりましたね。
カリカリ梅って細かく刻むとトッピング具材として
実に存在感が出てきます
あたしゃ普通の梅干を擂り潰して宮崎名物チキンバーガーの
味付けに使っていましたがカリカリ梅のトッピングの方が
存在感有り!ですね
・・・・・・・・・・・・・・
 梅干を使った洋風料理

b0147734_21071645.jpg
お惣菜向きの洋食と支那料理三百種(1939(昭和14)年、『主婦之友』四月号附録)より
76年前にもこんな「梅干料理」があったんだ!

[PR]

<< 鳥インフルや口蹄疫   農業女子婚活イベント >>