焼き芋屋さんが熱い!

日本農業新聞1月24日付
b0147734_09420023.jpg













































1月24日付けの記事です。
お断りしておかなきゃなりませんが
この焼き芋屋さんは期間限定で
1月29日までだそうです。
最近の焼き芋ってスイーツ並みに
甘くなってきましたがその理由はなんだか
ご存知でしょうか?
イモ自体の品種改良は勿論ですが
① 収穫後のキュアリングという保存方法
② イモのでんぷんを糖化する方法の進化
の二点が挙げられます

キュアリングって…なに?
収穫した薩摩芋を1~2か月間高温高湿度の部屋で
保存した後、普通の保存庫に移します
こうしますとイモの糖分が増え、
冬場の保存性もよくなるそうです
これがキュアリング処理で米国では
大正時代から行われていたそうです
たとえばJA行方のさつま芋などは
キュアリングしたものだそうですが
八百屋さんでは「キュアリング済」とか
表示していませんよね

イモをより甘く=糖化する方法
生のさつま芋をただ食べられるようにするだけなら
電子レンジでチーン…でOK
しかしこれでは糖化はあまり進みません
「石焼き芋」とか「素焼きの壺焼き芋」の場合は
石や素焼き壺の持つ「遠赤外線」効果で糖化が進むんですと
 このような「甘くする技術」を家庭で行うには・・・
① 焼くか蒸したさつま芋を半日くらい保温状態にする
これは炊飯器の保温機能を利用してもできます
② 輪切りにしてフライパンに並べ、蓋をして超低温で30分くらい
焦げないように焼き、蓋をしたまま一晩放置
翌日、再び超弱火で温める程度焼く
この焼き方でびっくりするほど甘くなりますの💛

壺焼きいもの資料映像です
『主婦之友』1931(昭和6)年2月号に載っていた
「女手でできる食物商売」から切り取りました
中国製素焼きの壺で底に炭火が入っています
この壺の中に針金にひっかけたさつま芋を
吊るして焼いていたんですと
b0147734_09420450.jpg


[PR]

<< 農業女子婚活イベント   鳥インフル、中国で死者 >>