「農業カフェ」はじめませんか

b0147734_16433002.jpg







日本農業新聞2017年1月15日付

「農業カフェ」はじめませんか

というタイトルが目につきました
その記事の真上には
チョイとまじめなタイトルが……
「持続可能な暮らし再評価」
21世紀の豊かさ…という内容のシンポジウムが都内で開かれた
という記事です
 このような
「環境問題」や
「田舎暮らし、Iターン、Uターン」などに
関心のある人にとっては
興味あるセミナーなどが農業新聞には
よく掲載されています
たとえば……
「山羊サミット」とか
「甘藷シンポジウム」とか
一般紙ではあまり取り上げないような
しかし、食、エコ、農業、田舎 etc
関係の記事が結構ある
ただしっ!情報を得る為に参加するんだ!という
意思をしっかり持って参加しましょうね
別に主催者が利益目的で……とか言ってるんじゃないけど
主催する側は自分たちのアピールを知ってほしくて
行うものですから、「いい事ばかりに触れる」?のは
当然ですね
セミナーやシンポジウムに行けば
これまで知らなかった色々な事を知る事ができ、
いい勉強になる事は間違いありませんが
それらの知識を
「役に立つデータの一つ」として
自分の考えとすり合わせたり判断材料の一つにするような
用心深さも必要でしょ
昨今取り上げられてる貧困、格差、環境、食糧、
等の問題を自分で考え、自分の答えを出すための
知識、情報源として農業新聞は
面白い……と30年間、毎月2550円払って
読んでいるおいさんは思うのです



[PR]

<< 鳥インフル、中国で死者   道の駅 小さな拠点に:国交省、... >>