日本農業新聞・今日の記事から食を読む 2017年1月7日

山本有二農相 米輸出 中国に照準 パックご飯売り込み促進
日本農業新聞2017年1月7日
b0147734_19153563.jpg








































解説
日本国内での米の消費量は減少してます
米の生産は過剰気味なのにミニマムアクセス米として
一定量を輸入しなきゃならないもんだから
農相としては「頭がイタイ」
そこで輸出を考えた
余ったお米⇒輸出⇒外貨獲得⇒農水省のお手柄❢
とは言え、
ニッポンノ オコメ タカイデスネ
と言われ続けているのが実情です
そこで最近お金持ちたくさんになった中国に
狙いを付けたんだ
しかも炊かなくても食べられるパックご飯に……
中国からの観光客が日本製高級炊飯器を瀑買いしたのは
もう過去の事
高級ハイテク炊飯器で炊き上げたごはんが
一食分ずつのパックになって
電子レンジでチーン一発!とくれば
もう10万円もする高級炊飯器なんざ
見向きもしなくなるでしょう
歴史的にも中国や東南アジア諸国は
朝食すらも自宅で作らず
外食する率が高い民族ですから
今日の日本人以上に自炊よりは
外食を選ぶようになるでしょうね
・・・・・
小麦は粉に挽いて水、バター、鹽などで捏ねて
かまど(オーブン)で時間をかけて焼かなきゃ
食べられませんから「パンや」と言う店が成り立つ
こめは精米して水で短時間炊けば食べられるのに
炊きあがったごはんを売る「ごはんや」が
成り立つ時代が来そうですね
・・・・・・・・・
日本の食文化はどうなってゆくのでしょ?





[PR]

<< 農家レストラン成功例   日欧EPAと日本の荒廃農地の関係は? >>